【前半】母親が望む形にならない彼との結婚。別れるべき?反対を押し切るべき?

同窓会で再会し、遠距離恋愛でつきあって1年ほどたつ彼との結婚のことで悩んでいます。 というのも、結婚式に対する考え方が彼と私ではまるで違うのです。 彼は結婚はしても、私の実家への挨拶や、式などは挙げたくない、二人のことに親じゃ関係ないといいます。結婚は家族に祝福されたいし、喜んでほしいと思っています。 私の母は、彼の態度に結婚を反対していています。私と母は昔から折り合いが悪く、母の「こうすべき」という態度が大嫌いで、ずっと距離を置いてきました。でも、結婚となれば話は別です。私は彼が挨拶にきてくれたら、母も賛成してくれるのではと思っているのですが、なかなか彼がうんといってくれません。 彼には親への挨拶や式をあげないのなら結婚はしないと伝えたこともありましたが 別れたくないし結婚もしたいけれど、結婚式はあげたくないと意見は変わりません。 そんな彼の態度をみて、私のことを本当は好きではないのでは?と思い、 彼に聞くと「そうではない」と言います。 これから先の人生を一緒に歩むのはパートナーである彼であって、母ではないとわかっているつもりですが、つい、親を悲しませたくない。心から喜んでほしいと思ってしまいます。 親に反対されても結婚すべきか、親に反対されるなら別れるべきか悩んでいます。 (ナゲット・32歳)

お母さんに喜んでもらえる結婚を!

なず
結婚式をどうするか?で板挟みになるパターン、よくあるよね
ちか
向こうの親と自分ちの親の意向に板挟みっていうのあるある。うちの弟の結婚のときもあったな〜(笑)ただ、これ、彼と自分のお母さんとの板挟みだよね。両家の価値観の違いとはまた別なニュアンスがありそうな
なず
ナゲットさんは、親から反対されるから、式を挙げたいのかな? それともナゲットさん自身が式をあげたいのかな?
神木
そうなんですよね。それ、俺も気になった。なんか、お母さんの気に入る形にしたいっていうのが強いのかなって思う
ちか
うん、そうだよね。「これから先の人生を一緒に歩むのはパートナーである彼であって、母ではないとわかっているつもりですが、つい、親を悲しませたくない。心から喜んでほしいと思ってしまいます」って言ってるから、お母さんに喜んでもらえる結婚を!ってことが大事になってる
なず
お母さんに喜んでもらうことを最優先にすると決められればいんだろうけど、それもできないんだね。彼に式をあげる気がないなら別れるって言ってるんだけど、結婚は考えてると言われて踏みとどまっちゃう(笑)。
ちか
結婚考えてるって言われると弱い。これわかるな〜。昔の私もこれだった!(苦笑)
神木
彼が結婚してくれるなら、それも逃したくない。

ちか
そうそう、損したくないの。去られてしまうのが嫌。
なず
お母さんに喜んでもらえる結婚じゃなくても?

彼と別れてしまうと、結婚できなかった自分が残る

ちか
それも嫌なんだけど。え〜と、思うにナゲットさんは「結婚」がしたいんだと思うの。彼のことはもちろん嫌いじゃない。だけど、結婚することが、ある意味大事なんだと思う。彼と別れてしまうと、結婚できなかった自分が残る。
なず
お母さんから反対されるなら、結婚しないで彼と一緒にいるという選択肢もあるはずなのにね。
ちか
そうそう
神木
結婚に対する執着か…。同窓会で再会した幼馴染っていうのも、ある意味「運命の相手」だって思い込みやすいと思う。30代になると、お互い色々な恋愛してきて、自分をよくみせようと散々頑張っても来てる。幼馴染って、自分のダサくてカッコ悪い部分を知ってる相手なんですよね。頑張ってカッコつけなくていいっていう安心感があったりするから、この年になって、その相手と縁ができたってことは「これは神様のはからいだ!」って思いやすい。
ちか
うん、そうだとすれば「なぜ、ナゲットさんは結婚したいの?」っていうことだよね
なず
結婚することと自分の価値がくっついてる可能性はあるよね。

神木
例えば「結婚できない私はダメ」とか

「みじめな自分」を受け入れてみる

なず
そうそう。お母さんがベキが強い人みたいだから、ナゲットさんは小さいときから「女の幸せは結婚」って言われてきたのかもしれない。
そうやってこの相談をみていくと、浮かび上がってくるのは「みじめな自分」かな
神木
みじめな自分?
なず
お母さんの思うようないい子になれなかった、お母さんに受け入れてもらえないみじめな自分、もしかすると彼に愛されていないかもしれないみじめな自分、そんな自分を見る怖さがあるんじゃないかなぁ。だから、お母さんの顔色をみてはブレ、彼の態度にブレ、結局自分で決めることができない
神木
ああ、ナゲットさん自身の「こんな式があげたい」「こんな結婚がしたい」っていうのは、この相談の中にはないですもんね。彼の意見を採用するか、親の意見を採用するか、だけですね。
ちか
要は自分がどうしたいのか?ってことなんだけど、それを阻んでいるのも、結局は「みじめな自分を受け入れるのが怖い」なんだろうね
なず
そういう意味では、みじめな自分を受け取る練習をしてみるといいかもしれないよね。結婚のことはいったん置いといて、誰かに嫌われるかもしれない覚悟でもめてみるとかね

神木
恋愛意外のところでも、同じように板挟みになってるかもしれないですよね
ちか
仕事関係とか、友人関係とかで同じようなパターンがあるかもしれないね
なず
そこで、トラブってみる。失敗したり、誤解されたり、受け入れてもらえない自分を経験してみる。それをしてから、改めて、この結婚という問題と向き合ってみてもいいかもしれないね

【次回男性編に続く】

文=池田ちか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です