【ブログ】何のために学ぼうとしているのかで、その後の定着率が変わる

心理カウンセラー ひらいなずです

この仕事していると
やっぱり、自分の人生で
何かに悩んでいる人に出会うことが多い

で、その「悩み」の正体を一緒に
解き明かしていく、
そんなことをやっているんだけど

中には「私は何の問題もありません」
という方もいらっしゃる

心の問題をどうやって
「解き明かしている」のか
勉強したいという方

それがね~
結構、そういう方の方が「重い」

まあ、私の体感覚でもあるけど
重いったら、重い!
なにが、ズドーンって重いわけさ

で、最近、そんな方を
ちょっと観察してみてた

「勉強」したいと思って来る人は
「誰かに何かをしたい」人なのよ、基本

それが、商売かもしれないし
身内や知り合いかもしれない

自分には何の問題もないと思っていて
心の勉強をしようとするってことは
誰かに「使いたい」から

この時に、本当に何の問題も
なければいいんだけど

だいたい、そんなことは、ない!(笑)

結局、自分の生き方がしんどくなって
心のことを学ぼうと思っている人のほうが

「助け」が入る
乾いたスポンジが水を吸い込むように~
すーと染み込んでいくのがわかる
それが、自分のものとなっていく

が、逆に
「私、大丈夫」と思っている人には
光が入らないんだよね

見ているとわかるけど

その人の目の前で、まるで
光が屈折するように~

サーと抜けていく

いや、手助けしようとしてくれる
存在はある

ただ、その人が、受け取れない

なぜなら、自分の「問題」として
見ようとしないから

「誰かのための学び」
あなたは、誰をコントロールしたいの?

そこなんだろうね
大きな何かの力を受けて取れるかどうか~

ひらいなず

アメブロはこちら⇒ひらいなず・アメブロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です