【ファスティング部番外編】付け足さない「上履きメソッド 」ジムトレーナーおとやさんインタビュー

 ファステイング部部長の通うトレーニングジムに、トレーナーらしからぬトレーナーがいる
 トレーニングメニューリストの最後に、毎回、偉い人が言ったと思われる含蓄のある一言が添えられている

 例えば、こんなふうに「努力はしてもいいんだけど、頑張らないでもいいんじゃない?」
「いったい誰の言葉ですか」と部長が聞いたら、なんとおとやさんの言葉!

哲学者ですか?おとやさん?」風貌もまるで仙人のようで、ちょっと独特のオーラに包まれている

 なんといっても部長が「メニューをこなすのがしんどいなぁ」と愚痴ると「やらなきゃいいじゃん」ときっぱりと言い放つ。その上「どうして嫌なことするのかなぁ」とさえ言う。「いいの?それで?自分の組み立てたメニュー、無駄になったと思わないの?おとやさん?」 なんだかとっても不思議な人なのだ

 ある日、部長が、いつものようにジムに行くと、おとやさんがトレーニングをしていたふと足元をみると上履き!しかも7年ものらしくボロボロ・・・「え~と、これは、どーゆーこと?」 混乱する頭で、部長がその上履きの理由をきいたら、こんな理由が返ってきた
https://ameblo.jp/nuzzleone/entry-12371588893.html

 付け足さない上履きジムトレーナー、おとやさん
きっとまだ知らない心の上履きメソッドがあるはずだ!ということで、運動嫌いのファスティング部幽霊部員池田ちかがおとやさんを突撃取材!!

おとやさんの付け足さない生き方、名付けて上履きメソッド(勝手に命名)その1をお届けします

上履きはトレーニングのときだけ。普段はスニーカー履いてます

ちか
どうもはじめまして。部長から、おとやさんのことを伺って、ぜひ、お話してみたいなぁと思っていました

otoya
どうも、よろしくお願いします。ジムの中みますか?

ちか
はい、えと、私、運動が嫌いなんですけれども、いいんでしょうか?

otoya
いいですよ。別に大丈夫です(といって、一通りジムの見学を)

ちか
あれ、おとやさん。今日は上履きじゃないんですね?スニーカーですね

otoya
あ、これ? そうそう。今日は僕はトレーニングしないから
ちか
うわばきはトレーニングされるときだけ?

otoya
うん、そう。ふだんは履かない。
ちか
最近、買ったんですか? スニーカー? きれいですね(失礼!)

otoya
あ、これね、ジムの忘れ物(笑)
ちか
えええー、忘れ物、履いちゃうんですか?

otoya
いやだって、ずっと取りに来ないから。
そういう忘れ物、ここにいっぱいあるんです。もったいないでしょう。誰も取りに来ないんですよ。ウェアもね、そういう持ち主不明の忘れ物をもらって着てる。ときどき「あ、それ、俺の」って言われることあるけどね~

ちか
なるほど、有効利用(笑)

 

お小遣いは月2000円 それでもあまる

ちか
おとやさんって、衣食住の中で何にいちばんお金を遣うんですか?

otoya
基本、僕、お金は遣わない。

奥さんから、おこずかいに月2000円もらうんだけど、ほとんど遣わないねぇ。
だって、食事も家から持ってくるし、外食はほとんどしないしね。
ときどきコーヒー飲むくらいかなぁ。
1日、交通費以外に全然お金を遣わない日もけっこうある

ちか
欲しいものとかないんですか? 例えば、趣味のものとか?

otoya
物欲はない。
たとえ、すっごいかっこいい靴があったとして「欲しいな~」と思っても、次の瞬間に「いらないなぁ」って思う

ちか
本当に欲しいかどうか、自分の中で再確認している?

otoya
なんでもいいんだけど、フェラーリとかでもね。
死ぬ時に「あれが欲しかった」って思わないだろうなって思うの。
だったらいらないよね


ちか
ああ、たしかに。そう思うと、欲しいものってそんなにないかもしれない(笑)

otoya
そうなんですよ。家族が生きていくための、食費とかそういうのは必要だけど、今の生活で、僕自身が欲しい物は全然ないんです

僕は気がついたの。
カポエラが好きだったんじゃなくて、カポエラが上手になることが好きだっただけなんだって

ちか
じゃ、おとやさんにとって大切なことって何ですか? 目標とかあります?

otoya
目標はないです。将来、こうしたいっていうのも決めないです(きっぱり)
そういうのを決めると楽しくなくなる

ちか
楽しくなくなるというのは?

otoya
僕は昔、カポエラをやっていたことがあって、
うまくやるために、いろんなことをやった時期があった
こういうトレーニングもそうだし、空手とか、カポエラの上達につながるだろうことをやったのね。

ちか
おぉ!すごい!!

otoya
で、ある段階にくると、やってもやってもうまくならない。そうすると好きでやっていたのに、つまらなくなるんだよね。
で、僕は気がついたの。
カポエラが好きだったんじゃなくて、カポエラが上手になることが好きだっただけなんだって。

ちか
ああ~。そういうことですか

otoya
上達すること。出来るようになること。そんなことが好きだった
これって何でもそうでしょ?「やせたい」「モテたい」「お金持ちになりたい」
そういうのもみんなそう。でも、そういうのはいつか苦しくなるんだよね。僕はカポエラですごく苦しんだ。

ちか
上達することで、自分の価値をはかるということですね

otoya
僕が今、一番、努力しているのは、今目の前の「この場」にいること。トレーニングしている時は、トレーニングのことだけ。みんなのトレーニングメニューを考えるのも、その日の朝。一人ひとりの顔を思い出すと、宇宙からインスピレーションが降りてくる。それを身体を通してメニュー板に書いてる感じ。

ちか
おとやさんは「メニューリストにかいてあることを、やりたくないならしなくていい」って言われるそうですけど

otoya
うん、僕がその時に思って書いただけだからね。メニューリストの最後の言葉もそのときに降りてきたものなので、メニューの内容通りにやってもらわなくても、言葉がうまく伝わらなくてもいいと思ってる。それは、それでいいというか。
昔はね、伝わらないことに、いろいろ悔やんだりしたこともあったけど、今はそういうタイミングだっただけなんだと思う。それだけ

ちか
おとやさんのこだわりのなさって、まだまだ、深そうです。また、お話を伺わせてください
ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です