ファスティングQ.A

【準備食】1日目〜2日目

Q.生野菜・温野菜・野菜スープ・果物はなにを食べてもいいですか
A.特に決まったものを食べる必要はないので、どの生野菜や果物を食べてもいいです。
ただし、じゃがいもメロンNGとなります。また砂糖が使用されているものは基本控えてください。
また生野菜にかけるドレッシングも種類は問いませんが、かけすぎには注意してなるべく控えめにしてください。
例:アボガド・豆腐・ナッツ・海藻類・きのこ類などOKです

Q.生野菜だと身体が冷えるので生野菜の代わりに温野菜を食べでもいいですか?
A.温野菜でも大丈夫です。
スープなどにして食べるのも大丈夫です。

Q.体が冷えているときどうすればいいでしょうか?
A.身体を温めてください。
身体にカイロを貼って温めたり、暖かい飲み物(ノンカフェインのハーブティーや黒豆茶など)を飲むのもおすすめです。カイロは、右のあばら骨の下あたり、脇腹の前の方や背中の同じ位置当たりに貼ると肝臓や腎臓が温まります。

Q. 準備食期間に酵素ジュースを飲んでもいいですか
A.500ccの水に酵素50ccくらいの量であれば大丈夫です。
飲みすぎに注意してください。ファスティング期間中の酵素がなくならないように注意してください

Q.頭痛や吐き気が出てきたときはどうしたらいいですか
A.頭痛や吐き気の原因は人それぞれですが、低血糖やカフェイン依存からくる頭痛と、普段の食生活の乱れ、添加物が多い食事、鎮痛剤などクスリをよく飲む生活習慣の場合などがあります。対策としては少し塩を舐めるか、梅干しを食べてみて、酵素ドリンクを少し飲んでください。
胃の裏側あたりにカイロを貼って身体を温めてみるのもいいです。

Q.チーズやヨーグルトなどの乳製品を食べてもいいですか?
A.1日目はチーズ(ナチュラルチーズ)ヨーグルトを食べてもOKです。
ただ、2日目はできれば控えてください。どうしても食べたいときは食べてもOKです

Q.砂糖が入ってない甘酒は大丈夫でしょうか?
A.甘酒はNGです
糖質が多く、ついついもっと飲みたくなりますので、この期間からNGです

 



【断食期間】3日目〜5日目

Q.塩分が欲しいと感じないのですが、塩分を摂取した方がいいですか
A.塩分がなくても3日や5日は過ごせますが、身体への負担もかかるので1日、上限3.2グラムを目安に摂取するようにしてください。
3.2グラムの塩分が摂れなくても快適に過ごせるのであれば、無理に3.2グラムをとる必要もないと思います。

Q.梅干しはどんなものを選べばいいですか
A.砂糖やはちみつが不使用のもので、添加物が入ってない塩分だけのものにしてください。

Q.梅干しが苦手ですが、他に代用できるものはありますか
A.梅干しそのものが苦手な方は、塩3.2g(1日量)を直接摂取してください。「あら塩」「岩塩」など(精製塩:食塩、味塩などはNG)
一度に摂取するのではなく、こまめに摂取するようにしてください。
また梅干しをほうじ茶・黒豆茶・お湯割りの酵素ジュースの中に入れて混ぜて摂取する方法でも大丈夫です。
塩分を摂取した方がファスティングがしやすくなるので、塩分は摂取する方がおすすめです。

Q.酵素ジュースを飲む時間は決まっていますか。飲む時間の間隔を空ける必要はありますか
A.酵素ジュースを飲む時間は特に決まっていません。
酵素断食中は1日に180ccを飲むことが目的なので、特に飲み物を飲むのに時間を空けるなどの必要はないので好きな時間に飲んでください。

Q.酵素ジュースは水割り以外にどういう飲み方がありますか
A.お湯割り・炭酸割り・ノンカフェインのハーブティーや黒豆茶割りでも大丈夫です。

Q.身体が冷えているように感じるのですが、どうしたらいいですか
A.ファスティング中は省エネモードになり身体を温める力も抑えられます。
酵素ジュースをお湯割りで作ったり、暖かい飲み物(ノンカフェインのハーブティーや黒豆茶)を飲んでみてください。
またカイロを貼るのもおすすめです。
カイロは、右のあばら骨の下あたり、脇腹の前の方や背中の同じ位置当たりに貼ると肝臓や腎臓が温まります。直接の刺激をしすぎると、逆に内臓に負担がかかりますので、温まったら、尾てい骨と腰の間にカイロを貼ってください。

Q.身体が痛くなることはありますか
A.それぞれの弱いところに影響出てきがちになるので、身体が痛くなることもあります
(普段から腰痛がある人が腰に痛みを感じたりするなど)その場合は塩分と酵素ジュースを少し多めに摂取してください。

Q.酵素ジュースの量は1日トータル180ccと案内がありましたが、180cc以上は飲まない方が良いですか
A.1日の最低量が180ccとなりますので、もちろんそれ以上飲んでも大丈夫です。
酵素ジュースのカロリーは180ccで320キロカロリーほどですので、倍の量を飲んでも、普段の摂取カロリーよりは少ないです。ただ、飲みすぎると酵素ジュースが足りなくなったりしますので、目安としては180cc~200ccくらいにしております。体調がつらい場合は、多めに飲むことで緩和されます。

Q.お腹がずっとグルグル鳴っていて、トイレが近いです。常にお腹が空いていて水ばかり飲んでいるのですがそのせいですか
A.基本的に水便でお腹が痛くなければ腸が綺麗になっていると思ってください。
また常にお腹が空くとのことですが、その場合は水をガブガブ飲むよりも酵素ジュースの量を少し増やしてみてください。

Q.便が出ません、水便がでますがどうしたらいいですか
A.断食をすると、便が止まる方、いつも通り出る方、水便になる方、それぞれおられます。
便が止まる方は何も食べていないので便が止まっているだけですので、回復食1 食目にスッキリ大根食を食べると排出されます。
いつも通りの方は、そのままお過ごしください。
水便になる方は、トイレの回数が気になると思いますが、腹痛は無いと思います。酵素ドリンクにより腸内洗浄されているので安心してください。

Q.宿便ってよくきくけどなんですか
A.宿便は、長年溜まった腸内の便という説がありますが、実際は胆汁のことです。
断食したからといって、必ず期待していたものがでるわけでもなく、尿でも浄化されますので不安に思わないでください



【回復食】6日目〜8日目

Q.仕事で野菜スープを飲むことができないときは何を食べたらいいですか
A.出先へ持っていくことが難しい場合は、生野菜・果物・酵素ジュースなどで置き換えてください。

Q.野菜スープ以外に食べてもいいものはありますか
A.生野菜・果物・酵素ジュースは大丈夫です。
また、野菜スープは日ごとに味つけを濃くして、いろんなバリエーションを楽しんでください。1日目は塩のみで、2日目から少しずつ濃い味付けをして、こしょう・コンソメ・キムチ・オリーブオイル・豆乳・ポン酢・味噌・中華の素などを入れて味を変えても美味しいです(キムチは刺激があるので、胃腸の状態で無理はしないようにしてください)
味付けをするときも薄いものから始めて、段々と濃くするようにしてください。お肉を入れるのもいいです(身体を徐々に慣らすためにお肉を入れるのは3日目か4日目以降からにしてください)
ついついおいしくて食べすぎたり全体の食べる量が多くなりすぎないように、腹8分目になるように注意してください。

Q.野菜スープのレシピに載っていない野菜で入れてもいいものはありますか
A.ごぼう・ネギ・大根などを入れてもおいしいです。
じゃがいも以外は入れてもOKですが、きのこ類は2日目くらいからにしてください。
痩せるために制限するよりも、おいしく食べられるのが一番なので、レシピに載っていても苦手な野菜は入れなくても大丈夫です。

Q.あまりお腹が空いていなくて、回復食が食べられないときはどうしたらいいですか?
A.酵素ジュースを変わりにのんでください。
無理に回復食を食べなくても大丈夫ですので、食べれないときは1食60ccを目安に置き換えてください。
食事も無理に3食摂ろうとせず、置き換えをしたりしながら、食べるようにしてください。

Q.野菜スープはいつまで飲めばいいですか
A.断食期間が3日の場合は3日間、5日の場合は5日間、野菜スープを続けることがおすすめです。
どちらも3日間は必ず野菜スープをベースとし、5日の場合は4日目以降からは、すこしずつ通常食に戻していくのがおススメです。
※野菜スープを飲めないかたは、相談していただき、フルーツに置き換えでもOKです。

Q.レシピ通りに作った野菜スープの味が苦手なのですが、野菜スープを食べる以外に回復食はありますか
A.回復食は普段の生活に戻す(胃を戻す)ためのものなので、消化の悪いもの以外は食べても大丈夫です。
美味しいなと感じる胃に優しいものを食べてみてください。回復食3日か4日目までは、肉や炭水化物はできるだけ控えた方がいいので、それまでは果物で過ごすのもおすすめです。

Q. 回復食の段階でも水分はトータル2ℓは飲んだほうがいいですか
A. 無理をする必要はありませんが、なるべく水分を多く飲んだ方がいいので、飲む量をだんだん増やすようにしてください。
体重1キロあたり40CC~50CCを達成できるように飲んでください。

Q.炭水化物の摂取を遅らせるメリットはなんですか
A.炭水化物の摂取を遅らせるとリバウンドがしづらくなり、すぐに食べるとリバウンドしやすい傾向にあります。
とはいっても、全く炭水化物を摂らないと、炭水化物を食べた時に太りやすくなるので、遅らせる場合も多少は摂るようにした方がいいです。
一日50グラム~100グラムの糖質は必要となりますので、白米や精白された小麦ではないところで、糖質を摂るようにしましょう。

Q.背中に吹き出物ができ、唇に口内炎みたいなのができました。
また膝の裏や太腿も痒くなって、カサカサです。これはファスティングとなにか関係がありますか?
A.断食期間が終わって回復食になると、今まで何も消化していなかった腸に食べ物が入ってくるので、湿疹が出ることがあります。
数日したら治まることが多く、ファスティングの回数を重ねるうちに軽くなることがほとんどです。保湿などのケアをしてください。

Q.口内炎ができました
A. 口内炎は胃と密接な繋がりがあり、胃でアンモニアが発生すると口内炎ができます。

この場合、大根おろしをスプーン 2 杯程度食べて下さい。大根の抗酸化力とファスティングによる成長ホルモンの分泌アップで治癒が早まります。

Q.口臭が気になります。舌が白いです
A. 舌が白くなるのは唾液の分泌量の減少か、日ごとの食べ疲れなどでの胃腸の何かしらの拒否反応だったりします。

白い箇所が多くなると口臭の原因になりますので、気になる場合は、薄味のお酢やレモンなどの柑橘を搾った水でうがいをすれば改善されます。

Q.回復食を始めてから吐き気や腹痛が出てきたときはどうすればいいですか
A.食べ始めた時は少なからず身体に負担がかかりデトックス症状が出る時あります。
(今まで何もなかったとこに刺激物が入ってくるため起こることがあります。湿疹なども同様です)
酵素ジュースを飲みながらゆっくり休んでみてください。



【その他】 

Q.酵素の味や大きさがあるようですが、どれを注文したらいいですか
A.酵素の味や大きさはどれを注文しても大丈夫です。
だいたい1回のファスティング(酵素ジュース3日間)で1200mℓの酵素瓶を開封して、半分くらい残ります。5日だと200mℓ残ります。基本は1本で十分ですが、ファスティングの途中で酵素がなくなってしまうのは困るので、事前に飲んでみたい場合などは残りの量に気をつけてください。

Q.普段あまり水分を取らないので、水を1日2ℓ飲めるか心配です
A.酵素ジュースやノンカフェインのハーブティーの水分もあわせて2ℓですので、普段水分を摂ってない人はできるだけ、飲めるように頑張りましょう。とはいえ、無理するとしんどいですので、達成できるように徐々に飲む量を増やしていきましょう。
デトックスをするうえで、水分は重要な要素になってきますので、こまめに摂取してください。
また、ストローを使って飲むと意外と飲めるのでやってみてください。

Q. 酵素の味が苦手です
A.酵素ジュースの濃さを調節したり、ハーブティーと割ったりすると飲みやすくなります。
酵素は10倍くらい薄めて飲むのがちょうどいいです。または、濃い目で作り、水で飲むなどしてください。ハーブティーの場合は、シロップ代わりに少量入れて、味見をしてください。

Q.ファスティング中に飲んでいいお茶にはどんなものがありますか
A.ノンカフェインのハーブティーであれば大丈夫です。
カモミールティー・ルイボスティー・はぶ茶・黒豆茶・麦茶などがあります。
ただし、ファスティング中はノンカフェイン(ディカフェ)のコーヒーなどはNGです

Q.ファスティング中はコーヒー、紅茶などもダメですか
A.ファスティング中の飲み物は基本的に水、お湯、ノンカフェインのハーブティーのみとしてください。
カフェインを摂ると胃に血液が集まり刺激され、空腹を引き起こしやすく、胃が気持ち悪くなることが多いです。炭酸水はご自身の体調と相談して摂取するようにしてください。

Q.カフェインレスのコーヒーは飲んでもいいですか
A.コーヒーはカフェインレス(ディカフェ)でも断食中は飲まないようにしてください。
断食後はできれば、ディカフェのコーヒーなどを飲むようにしてください。

Q.お酒、コーヒー、お菓子などはいつから摂っていいですか
A.回復食 後に徐々に摂り始めても構いませんが、ファスティング後は吸収率が高い状態になっていますので量には気をつけて下さい。
また、スイーツ系などの砂糖菓子は、依存性が強くリバウンドの原因にもなりますので、食べすぎには注意してください。